ことばと文化- 6・7月の勉強会

2024.05.20

日程2024年7月18日(木)

場所萬來舎

毎月第3木曜日 に開催中

6月20日(木)/7月18日(木) 11:00〜13:00

場所:萬來舎  講師:高橋尚子元東洋学園大学教授

テキスト:Jonathan Swift『Gulliver’s Travels(Oxford World’s Classics)』

2005年版または2008年版 ISBN 978-0-19-953684-9

 

講師ご紹介

講師としてお願いしていますのは Harding高橋尚子(ヒサコ)先生です
もと東洋学園大学の教授をされており、慶應義塾大学日吉校舎でも教鞭をとっていらっしゃいました。
穏やかで研究熱心で お優しい先生です。
イギリス人のご主人様と郊外の都市にお住まいです。1年に数回日本との行き来をしていらっしゃいます
 ということで 「今のイギリスのホットな話題に事欠かない」ということで、
おかえりになるとたくさんの新聞切り抜きが 私たちに示されます

ご専門は児童文学ですが 現在の講読は ジョナサンスウィスト作の『ガリバー旅行記』 世界中の子供たちに人気の小人の国や 大きい人の国の話の後には 変わった国々の物語がつづられています
そこに唯一 実在の国として日本が載っているのです 当時の状況は 浦賀あたりに到着して 将軍に会って 長崎へ連れて行ってもらうように頼み 踏み絵をやらされたら大変なので オランダ人と偽って 踏み絵を逃れた話などが 記されています
スウィフト独特の皮肉で 当時のイギリスの政治家や 世相を批判しています 先生の解説により なるほどこれは政府に対する批判なのか・・とわかったりします。

資料のプリントも講義の時につかっています 私たちの楽しみの一つとして「セブンワーズ」 という単語当てクイズを載せてくださいます。 なかなかピンとくる解答が見つからなくて苦労します。 英語力は さほど必要ではありません。 

 {先生が研究熱心}と評しましたが びっくりするほどの資料を下調べされて ポストイットが資料にたくさんぶら下がっているのを見ると 本当に頭が下がります。「勉強とは かくありき」を実感します
 さて 聞く側の婦人三田会の参加者の方々のほうにもたくさんの関連事項のデータが詰まっているので お話が次から次に発展して 本当に楽しく、あっという間に2時間が経ってしまいます。
  興味深い講義なので どうぞご参加いただきたいと思います。 

会員募集中

慶應婦人三田会では、会員を募集しております。
まずは、食事会だけでも参加したい、講演だけでも聞いてみたいという方も大歓迎です。